劇団現代古典主義 WEB SITE

Theatrical Company MODERN CLASSICISM

 
s__14426163.jpg img20180829143416036590.jpg img20181016172231146464.jpg

The last performance of 2018 !!

同時進響劇

劇団現代古典主義版 修道僧ベイコンと修道僧バンゲイ

喜劇「王様と魔術師ベイコン」

脚色:夏目桐利 原作:ロバート・グリーン

自由席・前売:3,500円 当日:3,800円
(スペシャルイベントデー:前売4,000円 当日4,300円)

上演時間70分
 
チラシ表を拡大表示「王様と魔術師ベイコン」
チラシ裏を拡大表示「王様と魔術師ベイコン」
 
 
原作 ロバート・グリーン。17世紀イギリスの流行劇作家。死の間際「グリーンの三文の知恵」というパンフレットには「国中で舞台を揺り動かせるのは自分だけだと自惚れている」と批判。この恨みがましい毒舌は、演劇人としてのシェイクスピアに対する最初の言及として後生に残る。(引用『エリザベス朝演劇集:大場健治』)

 

【王様と魔術師ベイコン】13世紀イングランド、オックスフォード大学。秘密の部屋に隔離されている嫌われ者<黒魔術師ベイコン>の前に、嫌われ者の<王様ヘンリー>がやって来る。貴族・国民の反発を恐れるヘンリーは「一夜にして宮殿に、バベルに勝る<真鍮の城壁>を出現させよ」と命令するが、ベイコンは「オックスフォード大学を黒魔術大学にし自身を大学総長に任命せよ」という条件を提示した。2人は互いの思惑のため手を組んだが…嫌われ者同士が魔術を盾に繰り広げる古典ドタバタ魔術喜劇をお楽しみください。

 

2018/12/1~12/16
劇団現代古典主義アトリエ
The 4th floor series vol.4


12/3(mon)19:30公演 友情出演

人気タロット占い師

濱口善幸氏をお迎えしました!!

「タロット占いの世界とは?」
「2019年の運勢をお客様と一緒に紐解きます!」


 ”魔法の国イギリス”の<恋と魔術の古典喜劇>をご覧いただきました後、
よゐこ濱口優氏の弟様でタロット占い師<濱口善幸氏>をゲストに迎え、
アフターイベントを開催!

<濱口善幸~Yoshiyuki Hamaguchi~>濱口善幸twitterはこちら

よゐこ濱口優氏の実弟にして現役タロット占い師。
2004年より占い師としての活動を開始し、関西を中心に2万人を超える鑑定実績を持つ。近年は過去の鑑定経験と心理学を合わせた『タロット占い心理学』という新しいジャンルを開拓。「苦手な人と上手に付き合うコツ」「毎日をポジティブに過ごすコツ」など、より良い毎日送る為のセミナーや講演会、占いスクールを開催し、活動の幅を更に広げている。

 

 
  

 
CHARACTERS